杉フローリング15mm30mm

杉材.com」良質で格安な杉板販売(例:杉15mmフローリング2,900円/㎡:焼杉1,950円/㎡など)のサイトから杉板の特徴や自宅に杉材を使用した経年変化の様子やメンテナンス方法、良かった点、注意点、手入れ方法などを紹介させていただきます。

よく杉のフローリング15mmと30mmの施工コスト、踏み心地などを違いを考えるのですが、15mmを施工する場合は下地に12mmの合板(特に二階部分は床剛床のことがありますので)を貼った上に15mm杉フローリングを貼ります。

 

30mmを施工する場合は根太の上に直接貼ることが可能です。

 

30坪施工する時のコストを考えると、12mmの合板が一枚仮に900円だとして30坪だと60枚×900=54,000円。その上に杉フローリング15mm30坪×9,570円=287,100円。

 

287,100円+54,000円=341,100円です。

 

30mmですと18,150円×30坪=544,500円です。

 

大工さんの施工手間や現場の段取りを考える必要がありますが。15mmを施工した方が203,400円安くなります。

コストだけではなく、30mmは大きい分乾燥した時の動きが大きく、15mmに比べて隙間が大きいように思います。また隙間が深いので掃除機などでも奥のほこりがとりにくい場合があります。

遠方ですと送料も違ってきます。

納期も大きい分乾燥に時間がかかりますので少し時間がかかります。

細かい話ですが、現場での納品、置くスペース、大工さんの取り回しも15mmの方が軽くて容易に行えます。

山のこと製材工場での生産工程などを考えましても15mmの方が無理が無いように感じます。

踏み心地は若干30mmの方が安定している感覚はありますが、さほど差はないです。

30mmを貼るメリットは厚さがある分、乾燥した時に反りが少ないので一枚一枚が広い幅で使用することが可能です。あと合板を使用しなくてすむので、無垢率が上がります。

一階と二階の天井材とフローリングを兼ねることも可能です。

Materials04

杉フローリング15mm×145mm 2900円/㎡


Materials02

杉フローリング30mm×180mm 5500円/㎡

どちらを選ばれるかとても迷うところですが、個人的には山にとって無理がないことや生産時のことやいろいろな面を考えると15mmをなるべく使用したいですね。

杉は産地、表情、木目、色、節の生き死に、乾燥具合、加工精度・・・とばらつきがとても多い、個性的な樹種ですので選別や発注が難しいと思いますが、その場にあった適切な商品を適正価格で提案させていただきますので杉のこと全般、疑問やご質問がございましたらお気軽にお問合せください。

ホームページ 杉材.com

メールアドレスinfo@sugigocochi.co.jp

FAX 0858-72-3670

携帯電話090-5263-2081

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国産杉 羽目板・天井板

杉材.com」良質で格安な杉板販売(例:杉15mmフローリング2,900円/㎡:焼杉1,950円/㎡など)のサイトから杉板の特徴や自宅に杉材を使用した経年変化の様子やメンテナンス方法、良かった点、注意点、手入れ方法などを紹介させていただきます。

国産杉のハメ板・天井板をお風呂場に使用しています。House_bath1s

杉の赤身(心材)は丸太の中心部分で、死んだ細胞が堆積している部分ですので、養分が含まれていないためカビや腐れに強いですので、外壁やお風呂でも使用可能です。

築4年になりますが、無塗装にも関わらず、一切と言ってよいくらいカビが生えていません。窓が大きいこと、なるべく機械換気していること、方角が南西で光が差し込むことなどが幸いしているようです。

シャワーが日々かかる部分はほんの若干白くなっているくらいです。

実家も同じように杉の赤身を壁板と天井板に施工しているのですが、実家はカビだらけです。

窓は小さく、方角も北面で軒も深いためかと思います。

同じ杉材を施工してもこうも違うのかあと思うほどです。

スノコもお風呂場に使用していましたが、これはタイルに比べて足触りがとても良く気持ちよかったのですが、杉からアクのような成分が出て排水溝につまります。

お風呂場入口の枠材に杉を良く使用しているのを拝見しますが、大抵足元のお湯がかかる部分はカビが生えているので、足元だけは塗装を十分に行う必要があります。

Top_img03

杉の羽目板、天井板、軒天などに・・・

赤白一等(節有り)4m10×135 価格 2400円/㎡

赤白上小無節 2m10×100  価格 2400円/㎡

オスモカラークリア塗装 価格 1000円/㎡

です。

杉材.com」良質で格安な杉の建材のご紹介サイトから自宅に杉材を使用した経年変化の様子や感想、良かった点、注意点、を紹介させていただきます。

杉は産地、表情、木目、色、節の生き死に、乾燥具合、加工精度・・・とばらつきがとても多い、個性的な樹種ですので選別や発注が難しいと思いますが、その場にあった適切な商品を適正価格で提案させていただきますので杉のこと全般、疑問やご質問がございましたらお気軽にお問合せください。

ホームページ 杉材.com

メールアドレスinfo@sugigocochi.co.jp

FAX 0858-72-3670

携帯電話090-5263-2081

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国産材木材利用ポイント

杉材.com」良質で格安な杉板販売(例:杉15mmフローリング2,900円/㎡:焼杉1,950円/㎡など)のサイトから杉板の特徴や自宅に杉材を使用した経年変化の様子やメンテナンス方法、良かった点、注意点、手入れ方法などを紹介させていただきます。

杉材.comでは国産材を使用することで取得出来る、木材利用ポイントの納入業者として登録しています。

詳しくは木材利用ポイント事務局のホームページをご覧いただけましたらポイントの取得方法からポイント数も確認出来ます。

新築時最大で60万ポイントいただけるということで今お家を建てられる方はとてもお得ですよね♪

杉のフローリングを使用するだけでもとても気持ち良く、健康に、心地よく生活が出来るのに、その上補助金のようなものまでいただけるとは、、、

何十年何百年と杉を育て続けてきた先人達はこんな風になるとは思わなかったでしょうね。

杉フローリング節有り 赤身勝ち 4m 15mm×145mm 2900円/㎡

杉羽目板 無節 2m 10mm×90mm 2400円/㎡

オスモカラーフロアークリア塗装品 +1000円/㎡です。

他多数。

全ての商品が木材利用ポイント対象商品になりますのでお気軽にご相談ください。  

ホームページ 杉材.com

メールアドレスinfo@sugigocochi.co.jp

FAX 0858-72-3670

携帯電話090-5263-2081

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国産杉 焼き板

杉材.com」良質で格安な杉板販売(例:杉15mmフローリング2,900円/㎡:焼杉1,950円/㎡など)のサイトから杉板の特徴や自宅に杉材を使用した経年変化の様子やメンテナンス方法、良かった点、注意点、手入れ方法などを紹介させていただきます。

外壁に国産杉の焼き板を自宅に使用しています。

House_appearance1_3

焼板も焼きっぱなしで炭がそのまま残っているもの、焼いた後ブラシで炭を落としたもの、そのうえから塗装したものといろいろとあります。

表面を焼いて炭化させることで虫や腐れ水害に強くなり、耐久性も強くなります。

House_appearance2

自宅では焼きっぱなしを使っていますが、良い点は本当に耐久性が強いです。

現在施工後4年が経過していますが、一番日差しが強く、風が強い西側でもあまり炭が落ちずに残っています。

また国産材焼板自体坪単価が安いのですが塗装費用もかからないため外壁費用をかなり抑えることが可能です。

経年変化もこの後はおそらく長年経ってようやく灰色になっていきますので後々のメンテナンス費用もあまりかからないだろうと思います。

注意点は焼きっぱなしは風が強い日は炭が多少近隣に飛ぶことがあります。

また色が黒いため家全体が暗い(渋い)感じになります。

炭を落としたものは濃い茶色です。

加工は相ジャクリになっています。

長さは3m、4mがあります。

厚さは10mm、12mm、15mmがあります。

焼板 外壁 販売価格は1950円/㎡~です。

国産材、杉のフローリング、杉の階段材、杉の外壁、焼き杉などのお手頃価格、格安の建材販売ホームページ  「杉材.com」 お気軽に杉のことお問い合わせください。

杉は産地、表情、木目、色、節の生き死に、乾燥具合、加工精度・・・とばらつきがとても多い、個性的な樹種ですので選別や発注が難しいと思いますが、その場にあった適切な商品を適正価格で提案させていただきますので杉のこと全般、疑問やご質問がございましたらお気軽にお問合せください。

ホームページ 杉材.com

メールアドレスinfo@sugigocochi.co.jp

FAX 0858-72-3670

携帯電話090-5263-2081

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

国産杉の外壁材

杉材.com」良質で格安な杉板販売(例:杉15mmフローリング2,900円/㎡:焼杉1,950円/㎡など)のサイトから杉板の特徴や自宅に杉材を使用した経年変化の様子やメンテナンス方法、良かった点、注意点、手入れ方法などを紹介させていただきます。

杉の外壁材は焼杉も良いですが、色を選ぶ場合は杉の赤身にオスモカラーで塗装したものもあります。

Imgb815582ezikazj

杉の赤身は丸太の中心の赤い部分で死んだ細胞が堆積している部分で、養分が少ないため、腐れや虫、雨水に強い部分です。脂分を多く含んでいるため杉を外部に使用する場合は赤身をおすすめします。

さらにオスモカラーのウッドステインプロテクターは防腐剤、紫外線ブロッカーを配合しているのでこれを塗ることで耐久性が格段に上がります。

Materials11

注意点は塗りすぎてしまうと表面に膜を貼ってしまい、テカってしまいます。これを避けるために一回目は均等に塗り伸ばして下地を作るイメージで、二回目で仕上げるようにします。

オスモカラーはうす塗りして塗り重ねるのが基本です。

高いと思われがちなオスモですが意外と塗料が伸びます。塗り重ねが必要ですが結果的にほかの塗料より安いこともあります。

ウッドステインプロテクタークリアプラスという外部用のクリアもあります。

またワンコートオンリーという外装用塗料は文字通り一回塗りで保護してくれますので、こちらもおすすめです。

外壁に杉を使用する場合はどうしても方角や軒の深さにもよりますが10年くらいごとに再塗装の必要があります。

上から塗る場合も比較的塗り直しがしやすい塗料です。

色の種類によっても色の落ち方が少し違うかなという感覚です。

Materials08

杉の外壁、フローリング、壁板、天井板等にオスモカラーを自社で格安で塗装させていただきます。

様々な色をお選びいただけます。

杉 外壁材赤身勝ち節あり 4m 12mm×145mm 2,900円/㎡

オスモカラー外部用塗装品 +1,500円/㎡

エイジングのように仕上がるのもオスモカラーの良いところです。

Img_10_2

杉材.com」国産材、杉のフローリング、杉の階段材、杉の外壁、焼き杉などのお手頃価格、良質で格安な建材販売ホームページ 。  

杉は産地、表情、木目、色、節の生き死に、乾燥具合、加工精度・・・とばらつきがとても多い、個性的な樹種ですので選別や発注が難しいと思いますが、その場に応じた適切な商品を適正価格で提案させていただきますので杉のこと全般、疑問やご質問がございましたらお気軽にお問合せください。

ホームページ 杉材.com

メールアドレスinfo@sugigocochi.co.jp

FAX 0858-72-3670

携帯電話090-5263-2081

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«国産杉フローリング 床暖房